SERVICE

HOME» SERVICE »地盤調査(有料)

SERVICE

地盤調査(有料)

地盤調査の方法

標準貫入試験 ・ボーリング調査
この試験方法の規格は、世界中で共通なため、世界の標準という意味から標準貫入試験と言われます。
滑車で吊り上げたおもりを75cm落下させ、ノッキングヘッドを打つことにより先端のスプリットサンプラーが、地盤に貫入されます。30cm地盤に貫入する為に、おもりを何回落とすかをN値として、1m毎に測定します。このN値が地盤強さを示す値となります。N値50で打ち止めとし、通常N値50以上の層を5m確認した時点で支持層確認とし、調査をやめます。


対応エリア
豊田市、岡崎市
  スウェーデン サウンディング地盤調査
この試験方法は、スウェーデンで開発された方法です。ロッドの先端は、ねじったようになったスクリューポイントがついていて、上端部には、T字型のハンドルが、中間部には、おもりが取りつけられるようになっていてます。
おもり25kg毎に100kgまでのせて、ロッドがどの位地面に貫入したかを測定します。次に、100kgまでのせて動かなくなったら、手でハンドルを回転し、25回転毎にロッドの貫入量を測定し、地盤の強さ(Nsw)を示します。機械の搬入など不要で作業も簡単なので、住宅の場合にはよく使われます。但し、機械を使って試験する標準貫入試験に比べ、簡易的である為、データーの信頼性の問題から調査箇所は一般的な住宅の場合4箇所程度必要です。



地盤調査依頼をする